パタンナー 仕事

MENU

パタンナーの仕事内容ってどんなもの?

アパレルの仕事にはパタンナーという仕事があります。このパタンナーというのはどのような仕事なのでしょうか。基本としてはデザイナーが描いたデザイン画を見て、そのデザインの服を作成するために型紙を起こすということがあります。

 

しかし、パタンナーの仕事は決してこの型紙を起こすという仕事だけではありません。

 

洋服を発表する前には展示会が行われますが、まず展示会前に最初にデザイン画から起こされた型紙を元に、代替の布地を仮縫いしたりピン打ちをして洋服としての形にしてみるトワルチェックというものを行います。トワルチェックを行い、デザイナーと一緒に修正個所をチェックしていくという仕事があります。その後サンプルパターンと呼ばれるトワルチェックによって修正された型紙を作成して、その縫製に仕様を考え、縫い代を付けたり縫い方の説明を書きだして縫製を担当する人に分かりやすいようにしておきます。これによってサンプル用の型紙が製作されます。出来上がったサンプルをチェックして、さらにデザイン変更や縫製仕様の変更などがないかをチェックし、展示会などで発表します。

 

その後、アパレルのショップで販売をするために量産を行いますので、量産用の型紙を作成し、それぞれのサイズごとにグレーディングという作業を行います。このグレーディングされた型紙を使用し、効率的に生地ロスがないような縫製仕様書を作成し、一度量産に入る前にチェックを行うということまでがパタンナーの仕事になります。